子供の野菜嫌いは代用食材で克服できる

家族でるんるん

初めまして。専業主婦をしているちゃんこママです。エリート夫と息子と3人で生活しています。

子供の野菜嫌いって、偏った食事ばかり与えてしまった親である自分のせいなのでは?と不安になってしまいますよね。かぼちゃは大好きでよく食べるのに!同じ野菜でも、好きなものはパクパク食べてくれるのに…嫌いなものはすぐにお皿の隅によけて食べてくれない…そんなお子さんは多いのではないかなと思います。きっとこの記事にたどり着くまでに、料理に沢山の工夫を凝らして苦労をされてきたと思います。

毎食を工夫するのは大変だし、代用食材でなんとかしてしまいましょう!

子供の嫌いな野菜で代表的なものと言えば、何を思い浮かべますか?

  • 人参
  • ピーマン
  • トマト

今回はこの3つの代用食材を紹介します。

【人参】の代用食材…チンゲン菜

栄養成分の含有量は100g当たり

人参は熱したときの食感や、甘みがあるため嫌いなお子さんが多いようです。人参が嫌いなお子さんには野菜スティック、サラダなど冷たい状態で、あえて生の料理にすると食べやすいです。細めの野菜スティックにして、ソースにつけると人参特有の青臭さが少なく食べられます。人参の味が苦手!というお子さんには人参を生のまま千切りにし、塩もみして水分を抜くと、サラダに混ぜることができ、食べやすいです。

それでも食べられない場合は、チンゲン菜がおすすめです。子供に摂って欲しい栄養素№1のカルシウムが人参より多く含まれています。チンゲン菜の茎の部分は苦みが少ないので、加熱すると子供でも食べやすいですよ。抗酸化作用のあるB-カロテンは、子供が積極的に摂らなければいけない栄養素ではないですが、気になる方はほうれん草で補うことができます。

【ピーマン】の代用食材…さやいんげん

栄養成分の含有量は100g当たり

ピーマンは苦くて、緑黄色野菜のTHE野菜という感じで、嫌いなお子さんは多いかと思います。パプリカで代用できれば疲労回復に効くビタミンCがピーマンの2倍、抗発がん作用のあるカロテンはピーマンの3倍含まれているので、おすすめです。ピーマンやパプリカは熱しても苦みが残りやすいので、細かく刻んで料理に混ぜるのが一番です。しかしやはり独特の風味と苦みがあって、苦手なお子さんが多いと思います。

そこで私がオススメなのが、さやいんげんです。肉じゃが、胡麻和えなどの味付けでかなり苦みは抑えられるので、ピーマンと比べると食べやすいと思います。ピーマンに少し劣る、ビタミンCはキウイなどの果物で補うと良いです。

【トマト】の代用食材…ブロッコリー

栄養成分の含有量は100g当たり

トマトは青臭さやジュクジュクした食感、酸味など子供だけでなく大人でも、嫌いな人は多い食材です。克服したい方は、トマト風味のお菓子→ケチャップを使った料理→トマト缶を使った料理→ドライトマト→トマトジュースなど少しずつ段階を踏んで、味や食感に慣れていくと良いと思います。

ブロッコリーはトマトと比べると、栄養価の面においてかなり優秀な食材です。少ない量で効率的に、栄養を補うことができるのでぜひ献立に加えるといいですよ。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があります。ブロッコリーにはほとんど含まれていないので、グレープフルーツやスイカで補うようにして下さい。もしくはB-カロテンが含まれている野菜も、同様に抗酸化作用があるのでおすすめです。

野菜の栄養価ランキング

以下、栄養価の高い野菜トップ5です。ぜひ参考にしてみて下さい。

1位2位3位4位5位
カルシウムパセリモロヘイヤしそ水菜小松菜
パセリ小松菜枝豆そら豆水菜
カリウムパセリ唐辛子ほうれん草 里芋三つ葉
B-カロテンしそモロヘイヤ人参唐辛子パセリ
ビタミンB1グリンピース枝豆そら豆にんにく芽キャベツ
ビタミンB2わらびモロヘイヤ唐辛子しそマッシュルーム
ビタミンCピーマン赤パプリカ芽キャベツ黄パプリカブロッコリー
食物繊維らっきょうエシャレット唐辛子ばれいしょグリンピース

以上、子供の野菜嫌いは代用食材で克服できる、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました