仕事ができない人はたいていプライベートもつまらない

家族でるんるん

初めまして😊

25歳ぽんこつ専業主婦のちゃんこママです。1歳10カ月の息子とエリート夫と生活しています。

夫はよく職場の話をしてくれるのですが、よく興味深いことを口にします。

「プライベートがつまらない人は仕事もできない。」

そう夫が言うのですが、やけに頭に残りました。私は夫が職場でどんな様子で働いているのか見たことがないからよく知らないし、話を聞くだけなので夫から聞いただけの事しか分かりません。

夫の話では、Uターン転職前の前職の時の方が、プライベートも充実していて仕事ができる人が多かったそうです。プライベートとは、異性関係(交際経験、合コン、デート、セックスなど)や、趣味(スポーツ、お酒、音楽、ギャンブルなど)のことみたいで、「プライベートが充実している人=仕事もできる人」であることが多いそうです。ちなみに夫の前職は超大企業でした。今の会社の職場では、プライベートが充実していなくて仕事ができない人が多いそうです。異性関係が全くない(交際経験0、セックス経験0)人も職場にたくさんいるそうです。かといって、これといった趣味もなく仕事ができない人が多いそうです。現在も夫は大企業で働いていますが、前職に比べると小さい会社です。こんなにも変わるのかと日々口にしています。

全てに同意できるわけではないけど、私も考えさせられました。自分の好きなことを趣味と呼べるのなら、映画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ観戦でも確かにいい。けどそれって、本気でやれって言われたらできないですよね。時間を忘れて1日中、映画鑑賞しろと言われても…長くても1作品3時間で見終わってしまうし。強制的に時間に区切りがつけられてしまいます。

時間を忘れて1日中くらいの気持ちで、好きな物事に集中して取り組む癖づくりがプライベートでできているからこそ、仕事にも本気になれるのです。結局はプライベートの過ごし方は仕事の過ごし方にも影響してくるものなんだと思います。プライベートで出来ないことは、仕事でもできない。 プライベートが充実していない人=仕事ができない人と言っても過言ではないかと。自分は今のままで十分充実しているよ!とそう思われる方もいるかもしれません。そういう方はそのままでもいいんだと思います。 ただ、趣味はいつからでも増やすことを忘れないで下さい。挑戦する心を忘れないで欲しいです。60歳の定年を迎えてからボディビルを始める方だっています。何事も挑戦してみてから、好き嫌い、向き不向きを決めればいいのです。何事も挑戦してみる精神は、きっと仕事にもよい影響をもたらしてくれるはずです。今仕事がうまくいかないなという人は、あえてプライベートに新しい趣味を増やしてみることをオススメします。

自分の人生において優先順位をつけているためにプライベートを一旦置いておいて、仕事を優先させている方もいると思います。そういった議論を出すともちろん一概には言えないのですが。 仕事もプライベートも『なあなあ』にせず、自力で充実させている人はきらきら輝いている人が多いなと思ってしまうのです。

以上、仕事ができない人はたいていプライベートもつまらないでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました