【中日ファンのブログ】最近のドラゴンズあるある、強竜復活に必要なこと

中日ドラゴンズの岩瀬と荒木 中日ドラゴンズ Dragons

こんにちは、ぽんこつエリートです。(D#2)

今回は、中日ドラゴンズのあるある強竜復活に必要なことについて書きたいと思います。

ぜひドラゴンズファンは共感してください!(笑)

ちなみに、ぼくは福岡県民のドラゴンズファンです!(笑)

※ぼくがドラゴンズファンになったきっかけは、こちら

落合ドラゴンズの黄金期を知っているぼくには、最近のドラゴンズの低迷ぶりがもどかしいです。

年々着実に強くはなってきてはいるし、今年は去年より期待できそう。と思って何年経ったことか。。

それでは、『中日ドラゴンズあるある』スタートです。

チャンスをとにかくものにできない

特に最近のドラゴンズは打線も強いし、チャンスも多く作っているように思えます。

しかし、

絶妙にチャンスを活かせないのです。

絶妙に期待させて、裏切るのです。

そして、

たまにものすごい追い上げを見せて、最終的には絶妙に負ける

チャンスをものにできないことがあるドラゴンズですが、たまに驚異の追い上げを見せてくれます。

しかし、

同点に追いついたけど、延長で結局負けたり。

9回表に追いついたけど、サヨナラ負けしたり。

延長戦にことごとく弱い気がします。

※実際に2019の延長戦の各チームの勝敗表を調べてみました。→こちら

そして、逆転する力がない気がします。

ここ毎年、Aクラスに本気でいけそうな期待をシーズン中盤で持たせてくれるけれど、終盤に安定して失速する

これもぼく的には、ドラゴンズあるあるです。

シーズンの中盤に、今一番勢いあるんじゃない?ってくらい時期が近年よくある気がします。

しかし、層の薄さから安定してシーズン終盤に失速してしまいます。

シーズン通して優勝争いする強竜復活に期待したいですね。

地味に上位チームに勝てる力があっても、もったいない取りこぼしゲームが多い

1位を独走しているチームに対し、中日なら対抗できるって時期が近年よくある気がします。

広島、巨人が当てはまるかと思います。

ものすごい勢いで順位を上げていく時期がありますが、いきなり、ここで?ってところで連敗し、失速するのです。

強竜復活に向けて思うこと

まず、監督です。

ミスタードラゴンズ、立浪和義さんになってもらいたいです。

色々と事情があるのでしょうが。華もありますし、ファンとして期待して待っています。

次に、選手です。

小笠原慎之介投手がエースになってほしい。

今の中日には、かつての山本昌投手や吉見一起投手のような絶対的エースがいないと思います。

大野雄大投手も大活躍していますが、エース級の投手が2,3人はいないとドラゴンズ再建は厳しいと思います。

根尾昂選手の台頭

最近のドラゴンズは高橋周平選手や、阿部寿樹選手などが台頭し、スタメンが固まりつつあります。

そういった中で、レギュラーを脅かすニュースターが誕生することで層に厚みが出てくると思います。

絶対的キャッチャーの台頭

今のドラゴンズには、かつての谷繁元信捕手のような絶対的なキャッチャーがいないと思います。

投手王国の復活のためにも、絶対的なキャッチャーの台頭を期待します。

以上、中日ドラゴンズのあるある強竜復活に必要なことでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました