初めての転職で失敗しないためのポイント解説!

転職 エリート?の仕事 Work

初めて転職する人へオススメする転職の進め方です。

【参考】転職に悩む方必見!転職のタイミングは?

そもそも転職を決めるタイミング、現職を辞めるタイミングについてです。

転職のきっかけや理由は人それぞれあるかと思いますが、転職のタイミングや転職に至る考え方は極めて大切です。

詳細はコチラの記事をご参照ください。

転職活動スタート ~転職先を探す方法

どのように転職先を探していくか。主に5つあります。

①知人や取引先からの紹介

いわゆるコネです。知人や身近な人にコネクションがあり紹介を受ければスムーズに転職がしやすくなります。最近では「リファラル採用」とも呼ばれており、一流企業では積極的に導入しています。既に知っている人と働くために入社してからもコミュニケーションが取りやすく、また紹介者が後押ししてくれることで内定率が上がることも期待できます。

②ハローワーク

ハローワークは国や自治体が運営する職業案内所で、正式名称は「公共職業安定所」です。面談・求人紹介・面接のセッティングをしてくれます。職員と面談をし、希望にあった求人を案内してもらい、選考に進むというフローです。ハローワークにあるパソコンには求人情報が登録されているので、職員に頼らず自分で仕事を探すこともできます。

③新聞や転職専門雑誌

新聞の求人欄や「タウンワーク」などの転職専門の求人誌で仕事を探します。地元企業などの仕事が多く掲載されています。転職専門雑誌はフリーペーパーの形で発行されることが多く、コンビニや駅など街中で入手可能です。気になる求人があれば、直接電話やメール・郵送で企業に応募し、選考を進めます。

④転職サイト

求人情報を集めたWebサイトで、自分で希望する求人を検索することができます。年収や勤務地、職種など条件を絞って検索することができ、求人への応募も同じWebサイト上で完結することができます。あらかじめ個人情報やWeb履歴書などを登録し、応募すると情報が志望企業へ送られます。応募までの手間が比較的少ない方法です。

⑤転職エージェント

転職エージェントは企業と求職者を仲介してくれる存在です。転職エージェントに相談すると、保有している企業の求人の中から自分の希望にあったものを紹介してくれます。転職エージェントを利用すれば自分で求人を探す必要がありません。

オススメの転職先を探す方法 ~これまでの経歴を活かして転職したい方

転職エージェントを活用することをオススメします。自分に合った業種や職種を紹介してくれるため自分で求人を探す手間が省けます。必要な手続きも代行して行ってくれるため効率的に転職活動を進めることができます。また、転職エージェントでは非公開の求人も数多くあることから質の高い求人を紹介してもらえます。エージェントの方から企業の裏情報も事前に入手できることもあり、相談しながら転職活動を進めることができます。

オススメの転職先を探す方法 ~これまでの経歴にこだわらず転職したい方

転職サイトおよび⑤転職エージェントを併用し活用することをオススメします。転職時期が第2新卒か中途なのかによりますが、これまでの経歴にこだわらずに転職したい方は④転職サイトで自分の希望する求人を年収や勤務地、職種など条件を絞って検索し、興味がある企業や求人に応募することを勧めます。しかし、転職する人は新卒ではありません。これまでの経歴があまり活かせない、バックグラウンドが異なる企業にポテンシャル採用してもらう必要があります。簡単なルートではないため、リスク回避も含めて⑤転職エージェントの活用も併用してオススメします。エージェントの方は基本的にこれまでのバックグラウンドが活かせる求人を紹介しますが、考えをしっかり伝えれば幅を広げた求人紹介もしてくれます。また、これまでの経歴が活かせる企業や求人でも、違う会社である以上仕事内容や環境は異なります。「転職先では今の会社の仕事と違うことをしたい」、「今の職種はもうしたくない」と思っていてもいざ選考が進み、その企業のことを知っていくうちに興味が出てくることもあります。

以上、「ポイント解説!初めて転職する人へ」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました