オススメBEST3!転職エージェントの選び方【2020年】

求職活動 エリート?の仕事 Work

転職先を探す手段としてオススメするのが転職エージェントです。

理由については、コチラ!

特にオススメする転職エージェントBEST3です。それぞれの特徴やメリット・デメリットについてです。

3位 doda

人材業界国内2位の大手です。転職サイトと転職エージェントの両方のサービスがあります。つまり、dodaにさえ登録すれば「専任のアドバイザーと相談しながら転職活動を進める」と「自分に合った求人検索をする」を状況に応じて活用できます。求人件数も多く、書類や面接の対策やサポートもスピーディでしっかりしています。地方での転職にも力を入れており、Uターン・Iターン転職を考えている方にはマッチするかもしれません。特に、ハードウエアエンジニアの求人が豊富であるイメージです。効率を重視しつつ自分に合った転職をバランス良くできるエージェントであるといえます。年齢層としては第二新卒の方よりも20代後半から30代の中途の方に向いているエージェントである印象です。

しかしコンサルタントによっては「電話やメールが多く煩わしい」「希望条件と違ったり質の低い求人を紹介される」、「専門職にあまり詳しくない」場合もあるかもしれません。

2位 リクルートエージェント

業界最大手で非公開業界も圧倒的に多く持っています年齢制限もないため幅広い方に人気があるエージェントです。求人数が多いだけでなく、幅広い業界や業種に対応しているため「経歴や学歴に自信がない方」や「未経験の業種にチャレンジしたい方」はリクルートエージェントに登録しましょう。キャリアアドバイザーの質も高く、経験やノウハウが豊富なアドバイザーが多い印象です。転職初心者は安心して転職支援を受けることができるためオススメです。スムーズで効率重視で転職ができるエージェントであるといえます。

しかし、求人の数が多いことから「ブラック企業の求人も含まれている」1人のキャリアアドバイザーが多数の求職者の対応をしているため「細かい対応が遅い」可能性があります。

1位 ビズリーチ BIZREACH

dodaやリクルートエージェントとは少し仕組みが違います。ビズリーチ自体は転職エージェントではなく、自分の経歴や具体的な条件、情報を入力し登録することで、企業やヘッドハンターから直接オファーやスカウトを受けて転職活動を進めていきます転職者がコンサルタントを選ぶことができることから自分の理想を叶える可能性が高まります。キャリアがあり、さらなるキャリアアップを目指すハイキャリア向けの転職エージェントであるといえます。管理職ポジションや優良企業、海外勤務などのレアな非公開求人を見つけやすいのも特徴です。

しかし、「キャリアがない人は向いていない」、「ヘッドハンターの質にばらつきがあるため見極めが必要」、「求人数が少ない」のが特徴です。

結局、どのエージェントで転職を進めればいいの?

1つのエージェントに絞らず2~3個のエージェントを併用して活用することをオススメします。1つのエージェントに絞るのはリスクが高いですし、3つ以上のエージェントを利用すると情報量が多すぎて整理できなくなりかえって効率が落ちます。それぞれの転職エージェントには特徴や強みや弱みがあります。自分が今置かれている状況や今後どうしていきたいのかを整理し、利用する転職エージェントを決めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました