Uターン転職で失敗・後悔しないためにメリットとデメリットまとめ

Uターンする家族 エリート?の仕事 Work

Uターン転職とは、地方で育った人が故郷を離れて都会に移り住み就職したものの、何らかの理由で故郷に戻って地元の会社に転職することです。

就職で地方を出て都会の企業に入社したものの、「将来的には地元に戻りたい」、「家庭の事情で地元に戻らないといけない」、「大企業はやっぱり仕事が大変だから慣れ親しんだ地元の中小企業にUターン転職したい」など、地方へのUターンを考えている人も少なくないと思います。

Uターン転職を考えている方々に失敗や後悔をしないためにメリットとデメリットをまとまめました。

Uターン転職のメリット

ストレスからの解放され住み慣れた故郷へ

ストレス要因の多い都会での生活から環境を変えたいと考える人にとっては、Uターン転職はオススメです。満員電車の通勤ラッシュや車の渋滞、人混みなど、地方に比べて都会のストレスの要因はたくさんあります。そういった生活が自分に合っていないと思う人は、生まれ育って住み慣れた故郷に帰ることで都会のストレスから解放される可能性が高いです。

両親の近くでサポートを受けながら暮らせる

Uターン転職して故郷に帰ると、両親と同居するか近くに住む場合が多いと思います。子供が小さい時には子育てや家事を手伝ってもらったりできるので生活が安定します。また、近くに住んでいると両親が高齢になった時に老後の世話ができるので安心できます。両親にとっても、子供や孫が近くにいることで安心と充実した日々が過ごせるでしょう。

生活費が抑えられる

都会に比べて地方は物価が安いので、家賃などの生活費が安くて済むケースが多いです。実家に同居しする場合は、家賃がかからないので生活費は大きく抑えられます。持ち家を持つ場合にも地価が大きく違うため、マイホームの実現も可能性が高まります。親が土地を持っていて、そこにマイホームが建てられるケースも周りによく見かけるます。生まれ育って住み慣れた故郷にマイホームを建てて安心・快適な生活ができるでしょう。

Uターン転職のデメリット

収入が減るケースが大半

独身・単身の場合には自分一人で決断できますが、結婚していたり子供がいる場合は家族の同意が必要です。配偶者が仕事をしている場合、配偶者の転職も同時に考えなければなりません。友人や知人と離れることになるうえに、収入が減り生活水準も下がることも考えられます。家族とよく話し合い納得したうえでUターン転職しましょう。

地方に馴染めない場合がある

地方に住むことになると、近所付き合いや親戚付き合いなどが増えますが、利便性や娯楽は減ります。メリットと捉える人もいれば、馴染めずにデメリットと感じる人もいるでしょう。子供が学生の場合であれば転校する必要も出てきます。また、もし自分の故郷にUターン転職するのであれば、配偶者がUターン先で馴染めるのかも大切です。配偶者の両親や家系の環境や状況なども考えながら検討しましょう。

以上、Uターン転職で失敗・後悔しないためにメリットとデメリットまとめ、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました