【離乳食】ブロッコリーは栄養満点で子供も大好き

育児日記

初めまして!

週一で夫に「お前、ほんとにノーチャン」といわれる専業主婦のちゃんこママです。一歳10か月の息子と夫と生活しています。

突然ですが、我が家の息子はブロッコリーがめちゃくちゃ大好きです。子供が野菜をあまり食べてくれないとよく耳にしますが、ドレッシングをつけなくても、ひたすらモグモグ大量に食べてくれます。1歳半の前歯が生えだしたころから、離乳食としてブロッコリーをほぼ毎日食べています。冷凍のブロッコリーを解凍してそのまま出しています。一歳10か月の今では、息子が大好きなNHKのいないいないばあっ!の『ピカピカブー』が始まっても、ブロッコリーを口に入れるまでは絶対に見ないくらい。ブロッコリーが大好きです。

義母の話では、夫が息子と同じくらいの年の頃もよく食べていたそうです。確かに、親の好きなものは子供も好きというのはよく聞きますが、どうしてそんなにブロッコリーが好きなの?と不思議に思ってしまいます。そこで息子がブロッコリーを無心でたくさん食べる訳を、調べたり息子の目線に立って考察したので参考にしてみて下さい。ブロッコリーなどの野菜嫌いや好き嫌いをするお子さんがいる方も参考にしてみて下さい。

味、食感が好き

  • 苦くない
  • 房のもりもりしたところの食感が面白い
  • 茎の所は固くなく、柔らかい

水分が多い

息子の嫌いなものはかぼちゃとジャガイモ。パサッとしていて水分が少ない食べものは食べてくれません。息子の好きな食べものは白菜とブロッコリーとコーンです。どれも茹でると水分を多く含み、味も癖がありません。

親が食べているのを見たから

我が家ではサラダがほぼ毎日食卓に出ます。 ブロッコリーもよくサラダに入れて出しているので、私と夫もよく食べます。息子も始めの頃はブロッコリーに対して興味を示しませんでしたが、私や夫が食べているのを見て安心して食べるようになりました。

食べたら褒められると分かっている

初めてブロッコリーを食べられるようになった時、めちゃくちゃ褒めました。その後もご飯完食したら褒めたり。『食べたら褒められる=食べるのはいいこと』と理解しているのかなと思います。

食べ慣れたから

私がしつこく毎日ブロッコリーを出すので食べるしかなかったのかなとも思います。味付けは全くなしで冷凍のブロッコリーを解凍してそのまま出します。毎日同じです。

【補足】ブロッコリーは栄養いっぱい

栄養が豊富でビタミンCはレモンよりも多く、カリウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。さらに、活性酸素を除去するファイトケミカルも含まれていて、解毒機能を高めたり、免疫力を高める効果があります。

大人にも抗がん作用等の良い栄養素がたっぷりなので、子供と一緒に食べるようにすると良いです。

ただし、食べすぎは良くないので、大人も子供も多くても1日2房くらいを目安にしましょう。

子供の好き嫌いや食べ物の好みは、親のせいではないです。我が家でもどれだけしつこく毎日出しても、かぼちゃは食べてくれないし。結局は、子供自身の好みと気分です。大きくなれば自然に食べられるようになります。一つや二つくらい食べられないものがあっても何とかなります。

それでも子供が大きくなった時においしく食べてもらえるように、家族の健康のためにバランスの良い食事を心がけて、おいしいレシピや食べ方の知識を今からつけておくことは必要です。ブロッコリーは栄養もありますし、炒め物にしたり、サラダにしたり色んな楽しみ方ができます。ぜひ色々な料理法を試して、子供の好きな味付けを見つけてみて下さい。子供が必要なビタミンが豊富なブロッコリーは離乳食としてとてもオススメです。

以上、【離乳食】ブロッコリーは栄養満点で子供も大好き、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました