【離乳食】1~2歳児が一日に必要なカルシウム、オススメな食べ物

パパと子供 育児日記

初めまして!

25歳ぽんこつ専業主婦のちゃんこママです。1歳10か月の息子とエリート夫と生活しています。

子供が牛乳を飲まないので、必要な分のカルシウムがとれているのか心配になりました。厚生労働省が出している「日本人の食事摂取基準」(2020年版)をもとに、実際は足りているのか?確かめてみます。自然に食事から取れるカルシウムとは?家計に無理のない範囲で子供の食生活を見直します。

子供が元気に大きく育つために欠かせないカルシウム。子供の食事、離乳食の栄養が不足していないかについて私と同じように不安がある方は参考にしてみて下さい。

(今回は1~2歳児が一日に必要なカルシウムだけの記事となります。)

1~2歳児の食事摂取基準

こちらをもとにすると1歳の息子の一日に必要なカルシウムの摂取量は350㎎です。推奨量は450㎎です。最低でも350㎎は必要ということがわかりました。

カルシウムを多く含む食品

乳製品

牛乳を飲んでくれない場合は『少し薄いかな?』くらいにコンソメを入れてスープにしたり、ホワイトソースに使うと食べてもらいやすいです。

大豆製品

豆腐はハンバーグやつみれ等アレンジを利かせやすいので毎日でも取り入れましょう。

揚げないがんもどき

  • 木綿豆腐300g
  • お麩20g
  • 片栗粉大さじ2
  • 好きな具材

*すべての食材を混ぜて、油を引いたフライパンで焼くだけです。

お麩を入れると、がんもどきがふわっと仕上がって子供も食べやすくなります。お麩はその他にもタンパク質、鉄、亜鉛が多く含まれています。ハンバーグやつみれ等に入れるのもおすすめです。

【カルシウムを多く含む‼おすすめの具材】

  • (海藻類)乾燥ひじき(10g)100㎎
  • (魚介類)乾燥桜エビ(5g/大さじ2)100㎎
  • (魚介類)ちりめんじゃこ(15g/大さじ3)78㎎

多めに作って冷凍しておきましょう。

魚介類

野菜類

毎日とりやすい食品まとめ

<大豆製品>

  • がんもどき(50g/1個)135㎎
  • 木綿豆腐(100g)86㎎
  • 絹ごし豆腐(100g)57㎎
  • 納豆(1パック/50g)45㎎

< 乳製品 >

  • 牛乳(1杯/200g)220㎎
  • ヨーグルト(1カップ/100g)120㎎

<魚介類>

  • さけの水煮缶(70g/1缶)133㎎
  • さばの水煮缶(70g/1缶)130㎎
  • 乾燥桜エビ(5g/大さじ2)100㎎
  • ちりめんじゃこ(15g/大さじ3)78㎎
  • 乾燥ひじき(1g)10㎎

< 海藻類・種実類 >

  • いりごま(3g/小さじ1杯)36㎎
  • 干しわかめ(50g)39㎎

製品によってカルシウムを含む量が違うので、 パッケージに書いてある成分表示を確認してみてください。

なぜカルシウムが必要なのか

  • 骨の強さを表す骨密度は20歳頃までにピークとなり、それ以降増やすことは難しい
  • 歯や骨は一生もの。将来の健康のために、吸収率の良い子供の頃からしっかりカルシウムを摂っておくことが大切。
  • 子供は身長が伸びたり歯が生え変わったりと、骨や歯の発達が盛んな時期。だから成長期のうちに、よりたくさんのカルシウムが必要。

足りないとどうなるのか

  • 骨がスカスカになる
  • 筋肉が硬くなって、足をつったり怪我につながりやすくなる

子供のうちにカルシウムを意識して摂らないと、大人になってから病気になるリスクが高くなるということが分かりました。学校の給食で必ず牛乳が出るのは、それほどカルシウム摂取が一生に関わるからでもあると納得しました。

以上、【2022年】1~2歳児が一日に必要なカルシウムでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました