競艇帰りに子供連れでラブホへ行ってみた

家族でるんるん

初めまして😊

25歳ぽんこつ専業主婦のちゃんこママです。2歳の息子とエリート夫と生活しています。

私の体験談のお話となります。子供と一緒にラブホに行けるのか?興味のある方は是非見て下さい。クズっぽいタイトルですが、親同伴であればラブホは子供もOK!という、間違った認識をしている方も多いと思うので注意してください。

GWは7日間のお休みがありました。最近は残業で帰りが遅くなることが多かったので、夫は疲れているだろうと思い、家でゆっくりできればいいや!と思っていました。しかし、どこへもお出かけしないのは寂しいよね、という話になり私と夫、息子の3人で山口へ旅行に行きました。旅行とは言っても下関競艇場です🙄

競艇なら体を動かすわけでもないし、非日常でいいリフレッシュになると思いました。下関競艇場は日本最大級の「Mooovi」という子供のための遊具があるので興味がありました。また、今私たちが住んでいる自宅から1時間程で着くので気楽に行く事ができました。お昼の12時に行こうと思い立ってから、15時には下関競艇に着きました。競艇の第一レースの締め切り予定時刻は15時15分。結局、息子とモーヴィで遊ぶことはできませんでした。夫が競艇場で遊んで、息子と2人でモーヴィで遊ぶこともできましたが、遊ぶなら3人一緒がいいなと思ったのでしませんでした。モーヴィの施設を外から見た感じ、コロナ対策をしっかりされていて、綺麗で、新しかったです。次回行く事があればモーヴィ下関を利用したいと思いました。子供向けのトイレや、自販機に1歳から飲めるアンパンマンのジュースもありました。昔の競艇場と違って、子連れでも競艇場は大歓迎だよ!という感じです。

来たからにはと最終レースまできっちり競艇で遊び倒して、終わったのが21時でした。その日はそのまま帰り、自宅に着いたのが22時でした。今回競艇に出場していたのは白井英二に上平真二、瓜生正義など有名なボートレーサーがたくさん。休みと競艇が重なっているチャンスはあまりないので、1日休んでまた下関競艇へ向かいました。レースが始まるのは15時なので、それまでゆっくりできるのがナイターの競艇場の良いところですね。3日目、5日目のレースを楽しみました。残すは最終日のみ。疲れていたし、近くに泊まっていこうという話になりました。しかし、今年のGWは3年ぶりの行動制限解除がされていて、どこへ聞いてみても満室でした。すると、夫が「ラブホに行こう。安いし。」とラブホテルへ向かうことになりました。

ここからが本題です。結果は子供連れでラブホテルは行けません。ラブホテルの中へ入って、パネルで部屋を選ぼうとするとすぐさまスタッフさんが「警察の関係で未成年は入れません。」と言われました。確かに『18歳未満のご入店はお断りします。』と入口にありましたが、保護者が同伴であればいいのではないか、と安易な気持ちでした。ネットを見てみると子供とラブホへ行った!という記事やyoutubeなどもあるのでこれは行けるはず、と思っていました。家族でもOKな所やチェックが緩い所では普通に泊まれるのかもしれません。しかし、今になって万が一のことを思うと泊まれなくてよかったです。『18歳未満は入店禁止であるため、18歳未満の子供連れである家族単位での利用は認められない』(第2条第6項4号)よく注意しましょう。

子供を連れて宿泊が必要な場合は事前にビジネスホテルや旅館など、適した施設を予約するのが無難です。

以上、競艇帰りに子供連れでラブホへ行ってみたでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました