結婚と恋愛は別物!離婚しないために冷静に決めよう

恋愛と結婚 ぽんこつエリート

結婚と恋愛はほほんとに全然違います。その違いを理解せずに勢いで結婚してしまうとスピード離婚になりかねません。結婚するうえで大切にするべきこと、注意するべきことを書いていきます。

恋愛と結婚の決定的な違いとは?

①「責任がない」と「責任がある」

恋愛は自由です。お付き合いや別れを公に知らせる義務もないですし、別れても独身であることに変わりありません。会いたいときに会えば良いし、会いたくない時は会わなくても問題ありません。しかし、結婚は夫婦になり家族になるということです。お仕事や家事、育児など家族としての責任がお互い発生しますし、一生の生活を基本的に共にすることが前提の関係性になります。法的にも責任が伴います。離婚はお互いがお互いの責任を果たすことができず、家族として生活ができなくなったときに起きます。夫婦で責任を持ち合えるパートナーと結婚しましょう。

②「不安との戦い」と「不満との戦い」

恋愛では相手に対して不安になることも多くあると思います。結婚すれば不安は減るかもしれませんが、共に生活するうえで不満は少なからず出てきます。パートナーの良いところばかりではなく嫌なところも一緒に生活すると絶対に少なからず出てきます。不満や困難を一緒に乗り越えられるパートナー、受け入れ合えるパートナーと結婚しましょう。

③「2人だけのもの」と「家族ぐるみのもの」

これは結婚して実際にぼくが感じましたが、個人的にかなり 大切です。

恋愛ではお互いがお互いのことを想い合えることができれば幸せです。しかし、結婚は恋愛の延長線上にあるものとはいえ、パートナーだけを受け入れるだけでは問題が起きることも多くあります。例えば、パートナーの親です。姑問題などがよく挙げられますが、親子や家族は決して切り離せません。結婚するまでパートナーの親やその家族のことまで深く知ることはできないかもしれませんが、結婚してからでは遅い場合や取り返しがつかないことも多くあります。たとえば、『パートナーの親の面倒を将来みる必要があるのか』、『実家の場所や生活状況がどうなっているのか』、『生活や結婚の価値観が合わないことがないか』など最低限のことは分かり合い、受け入れ合うことができたうえで結婚することをおすすめします。パートナーが育った環境は結婚生活でもダイレクトに影響が出ます。生活していくうちに価値観を合わせたりや生活スタイルを変えていくこともできますが、パートナーの家族とうまくやっていけるかもできれば結婚する前に意識しましょう。

④「お互いに見つめあうもの」と「同じ方向を見るもの」

恋愛はお互いを想い合い、お互いの考えや生活スタイルを貫いてもうまくいきます。しかし、結婚ではうまくいかないことも多くあります。家族のために個人としての価値観や希望を捨てたり、パートナーに合わせたりする必要も出てきます。家族として同じ方向を見て生活し合えるパートナーと結婚しましょう。

⑤「恋」と「愛」

『好きな相手と少しでも何か通じ合いたい』、『相手のことがよくわからないからもっと知りたい』、『相手と距離感があるから縮まりたい』と感じるのが恋の感情だと思います。恋をしているときは、嫉妬したり、パートナーのことがわからないために自分の心を振り回されます。それが恋の醍醐味なのかもしれません。また、お互いの心が通じ合ってつながり両想いになった状態が恋愛関係です。それに対して結婚は、恋から卒業した愛のパターンです。さらにその先は愛情に変化していきます。恋はその時その瞬間であり、愛は持続的に愛情に変化していく過程だと思います。

以上、結婚と恋愛は別物!離婚しないために冷静に決めよう、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました