25歳スマホなし生活1年の主婦が友達と出かけるとき

仕事の悩み 家族でるんるん

初めまして!

25歳ぽんこつ専業主婦のちゃんこママです。一歳10カ月の息子とエリート夫と暮らしています。

私はスマホなし生活で約一年過ごしました。スマホを手放した当初、耐えられなくてすぐに買い直すだろうと思っていました。スマホなしの初めの1カ月くらいは、モヤモヤがありましたがそんなことも1年経つとすっかり慣れました。

結論から言うと、一日数時間だけでもスマホなし生活を送ることはお勧めです。自分に何が必要で、必要ないのか頭がすっきりします。SNSでの厄介な付き合いから解放されて、目の前の事に集中できると思います。

ストレスから解放されたい方は意外と多いのではないでしょうか。現代では便利で生活の一部として欠かせないスマートフォンですが、SNSや人との繋がりを直で感じることのできるスマートフォンは時には、自分へのストレスのやプレッシャーに繋がります。今回はスマホを手放した場合、どのようにお出かけをするのか。スマホ依存の方は是非参考にしてみてください。

そもそも私がスマホなし生活でいいじゃん!と思い始めたきっかけからお話します。

<スマホなし生活を送ると決意した瞬間>

それは夫婦喧嘩です。

日常的に喧嘩をしてしまうのですが、その中で「お前はスマホ依存症だ!」と旦那さんに言われたことがきっかけです。当時、我が家の息子は10カ月。旦那さんの実家で3人居候させてもらっていたのですが、些細なことで旦那さんと喧嘩になってしまいました。「スマホばかりで子供のことが見れていない」「自分のすべきことができていない」と言われ、一度スマホから離れてみようと思いました。使っていたiPhone7が電波が入らなくなり壊れてしまったので、もういいやとスマホを持つことを止めました。

詳細を決めて会う約束をする

まずは自宅にあるパソコンで友達と連絡を取ります。会う日程が決まったら、時間を決めます。そして必ず詳しい集合場所を決めておきます。それと万が一、当日大幅な遅刻やドタキャンになった場合の対処法をあらかじめ決めておきます。

例:11:00。ハチ公像の横。30分以上遅刻する場合は必ず連絡をする。

私は遅刻、ドタキャンをすることはよっぽどないです。連絡手段がないため、出かけるのは毎回試験会場に向かうような気持でドキドキします。前日までに最低でも5分前に着くようにバス、電車の時間を決めておきます。これが不思議なのですがスマホを持っていたときは遅刻常習犯で、10分遅刻は当たり前でした。

厄介なのは相手が遅れたり、ドタキャンになったり…の場合です。私の場合は会う約束をした時点で「1時間会えなかったら帰るね。」「スマホがなくて連絡がとれないから、ダメそうなら日程改めよう!」と言っています。これで相手もプレッシャーがかかり時間通りに必ず来てくれます。(笑)

当日の注意点

トイレに行くとき、少し別のお店を見たり…別行動をする場合です。これもまた、集合場所を決めておくことです。簡単なようでスマホがあると怠ってしまいがちです。あとはカメラを持っていくこと。やっぱり思い出は見えるもので残したいです。

その他、25歳主婦の私がスマホなし生活で手に入れたもの、失ったものについて興味がある方はこちらのブログを見てください!

どうしてこの時代に、スマホなしで生活できるのかというと、それはもう『物好き』としか言いようがないです。一生、スマホを持たない!なんてことは言えないですが生活に差支えがない今のうちは、スマホなし生活から自分を見つめ直したいと思っています。皆さんも友達と出かける時、スマホなしで待ち合わせをしてみると、スリルを味わえて楽しいかもしれません(笑)

以上、25歳スマホなし生活1年の主婦が友達と出かけるときでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました